あさくら人物誌

郷土愛彫り続けた

版画家 佐野至

盆にわか

水車はまわる

行者杉

このうるわしき 甘木、あさくら いつまでも限りなく美しい、わがふる里 
そこには豊かな自然と、古い歴史がある
そこにはいつも温かい人びとの情と やさしい光と風の音がある。
このうるわしき甘木、あさくら。

佐野至(秋美表紙から)

佐野至(やまめ山荘所蔵)

女珠大聖

秋月の夕べ

出郷関曲

昭和2年朝倉市甘木高原町に生まれ、平成22年6月逝去、享年83歳。朝倉中学校(現朝倉高校) 久留米工業専門学校機械科を卒業、

昭和22年4月、新制中学校(現東峰中学校)に3年間奉職。以来、秋月中学校、甘木中学校と合わせて39年間務める。

文化活動に努め、木版画作品を通してふるさと甘木、あさくらへの理解活動を展開した。また多くの熟成を育て、

塾生による「いたち会」を結成した。

人物像、ふるさとへの幅広い文化活動と功績を「いたち会」の上野勝史会長に伺いました。

郷土愛彫った 版画家佐野至人物像

佐野版画と朝倉地域

作品展示はやまめ山荘から

朝倉版画家佐野至作品集

朝倉佐野至版画集

上野さんメッセージ

© 2016 Asakura Plat home with Wix.com